上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘタリア4巻からあぶれたシルクハットの豆知識~~

tophat1.jpg
tophat2.jpg【シルクハット】

・18世紀に英国紳士の間で流行した円柱のクラウンをもつ帽子。
 ダンディ!ダンディ!!と溢れ出るダンディズムに当時の人はこぞってかぶったそうな。

・イギリスの紳士向け紳士用服飾品商のジョン・ヘザーリントンさんが
 1797年1月15日、法廷の場で身に着けて現れ市長も観衆も
 「なんじゃありゃあああ」と叫ぶほどビックリさせた帽子。
 子供は恐怖で泣き叫び、犬は吼えるのをやめず、女性は気を失ってばたばたと倒れたとか。
 何も帽子一つでそこまで驚かんでも…。

・このジョンさんが世界で一番最初にシルクハットかぶった人物
 …という説が有名だったがどうももっと前からあった物らしい。

・英語だとTop hat。ドイツ語でZylinder。
 中国語だと大禮帽というありがたみがありそうな名前になる。
・最初は円柱部分が長かったが100年の間に大分短くなった。
bousi2.jpg
・しばしばシルクハットがイギリスや資本主義アメリカの象徴として描かれる事が多く
 かの有名なアンクルサムさんもお気に入りの帽子。
(海外の風刺画や国の擬人化でシルクハットかぶってたらイギリス人かアメリカ人)



~いろんな国のモチーフとしてよく登場する帽子一部まとめ~
bousisan.jpg

南米の帽子も個性的で可愛いよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。