上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からやってるんですが終わんないんだぜ!

今はプロイセンの歴史をまとめています。
オーストリア継承戦争もプロイセン側から見ると
ものすごく必死だったんだなぁって文献見てて思いました。
プロイセンの軍事強化方法が傍から見ても壮絶。

オーストリアは戦わずして大帝国を築き上げましたが
(これは運が大きかったですけど…)
プロイセンは時代に乗り遅れてしまったが故に
戦わないと大きくなれなかったんだなぁ。





>3つに別れる前のでかいフランク王国は、幼少期のフランスなんでしょうか?
 それとも、ギリシャ母やローマじいちゃんみたいに別キャラとして存在するんでしょうか。


フランクさんは登場させようかさせまいか悩んでいますが
いた方がフランスにも親的なものができるので
その方いいかなぁと思ってます。


古代ズ

ローマ:
登場済み。男の色気を描こうと頑張ってますが難しい。
酒と女とケンカと美味しいものが大好きで、趣味は芸術品に触れること。
ちょっと美女にたぶらかされたり、おっちょこちょいだったりするものの
やっぱり強くて頼もしい男。

ゲルマン:
ローマを打ったとも言われているが真相は不明の勇ましい男
金色の長髪。弓矢と斧片手に山野を駆けまわるワイルドな奴です。
性格は寡黙で荒々しく、ローマが気に食わない。

ギリシャママ:
普段はのんびり、おっとりした感じの美人な母さん。
戦いになると結構怖い人。
国内のやつらが仲悪すぎるのが悩み。(日本で言うと藩が仲悪い感じ)

エジプト(母):
謎の多い神秘的な雰囲気の女性。
未だに世界中の考古学者を魅了中。

マジャール:
どこか東洋的な雰囲気を持った男性。ビザンツが嫌い。
ハンガリーに徹底的に戦うことをしこんだ。
ハンガリーが時折男らしい言葉使いをするのもこの人の口調を真似して育ったため。
伝説によるとフンとは兄弟だったらしいが詳細は不明。



>>「こんな女性向け恋愛AVGはいやだ」超最高です!

ありがとうございます。
他にもアラブの石油王とかアメリカのパソコン会社社長の息子とか色々います。
霜華嬢がおばあちゃんの下袋で男どもを屈服させるゲームです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。