上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【モナコ公国】

フランスのイタリア国境近くに存在するミニ国家。
自称国家を抜かすと世界で二番目に小さい。
山に登るとモナコ国土全景がカメラに収まる。
国家歳入の4分の1近くが観光収入。
小さい国ながらも独自の言語がある。
カジノ、バレエやF1が有名。治安がやたらいい。

monaco_1.jpg

モナコ→ギリシャ語の古語「モノエカス(一軒家)」
昔はギリシャ領で、ヘラクレスゆかりの地といわれている。
そのためヘラクレス神殿が建てられ、
多くのヘラクレス信仰者が住んでいたため
ヘラクレス・モノエカス・ポストスと呼ばれていた。

monaco_3.jpg

13世紀にイタリアのジェノバから来た、グリマルディ家が現王室を開いた。
その後はフランス支配、サルディニア保護下を経て
フランスとの駆け引きの末、モナコ公国として独立。
現在はフランスの保護国になっていて、外交や軍事はフランスにたよっている。


【国旗】
monaco_2.jpg
赤と白のグリマルディ家の紋章の色。
ポーランドとは逆、インドネシアとは一緒。
ちなみにインドネシアは赤は太陽、白は月。
マジャパヒト朝のシンボルカラー。

ポーランド国旗は「タンネンベルクの戦い」の時の
軍旗(赤に白鷲が描かれたもの)から。
赤は夕日で、白は鷲。これが社会主義の時は違ったらしい。

インドネシアとは国旗が一緒になっちゃった件について
話し合いの場を持ったが「お互い歴史があるので」
ということで赤と白の国旗をそのまま両国とも使用中。
見分け方はモナコの方が正方形に近い。


【モナコ人】

1992年に国籍法が少しゆるくなったとは言え
モナコに住むモナコ人は全体の16%(手元の本だと19%、割合へっとる…)
84%が外国籍で半数はフランス人、次がイタリア人。

モナコ人になるには
・モナコ人の父か母を持つ
・モナコ人と結婚する
・モナコ人に雇われてモナコに住んで10年間生活する

生粋のモナコ人になるには3代も5代も必要とか。


【モナコ通貨】

今はフランスと同じユーロを使用しているけど
モナコ独自の通貨モネガスク・フランも存在していた。
出回っている数が通貨としては少ないためコレクターに人気。デザインが素敵。


【日本庭園】

有名なカジノから歩いてすぐの所に突如現れるモナコの中の日本庭園。
本格的な日本庭園でわざわざ日本の庭園家の方を呼んできて作ったそう。
普通の公園みたいな感じで、気楽に入ってのんびり出来るみたい。
モナコの人が頑張って書いたであろう日本語が可愛い。



nurs.jpg
シスター 1942年イギリス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。